2017年9月5日火曜日

この夏、久しぶりの天の川

今年の夏はほとんど星空が広がらなかった北信濃でした。全国的にも星空が広がらなく星撮り屋さん(私もその端くれです)のストレスがたまったのではないでしょうか。

そんな夏、8月末になって志賀高原横手山ドライブイン駐車場で2夜星撮りを楽しみました。

24日には横手山を通り越して渋峠スキー場の駐車場まで足を延ばしました。カシオペア座から夏の大三角形までの天の川がきれいに見えました。この日は今年手に入れたサムヤン14mmF2.8を主に使いました。合焦ポイントがはっきりしないレンズだなと思いましたが、思い方によっては∞マークでも3mマークでもそれなりに合焦しているのであまり気にしないですみます。

渋峠スキー場リフト乗り場。北斗七星とカシオペア座が向き合っていました。

横手山ドライブイン駐車場では、さそり座、いて座、そして天の川がきれいでした。

翌々日、26日も横手山ドライブイン駐車場にプチ遠征・・星撮り仲間のHAさんはすでに到着していて、ガイド撮影もされていました。私もポータブル赤道儀(ケンコースカイメモRS)を持って行ったのでガイド撮影も楽しみました。この夜は天の川を見たことがないという奥様のために遠くからみえたご夫婦や長野市からお見えのNさんともお話をさせていただきました。



赤道儀では「バンビの横顔」と呼ばれている射手座のスタークラウドを撮影しました。

これは、はくちょう座から南にかけての天の川です。こと座のベガを視野から外してしまったことが残念です。

さそり座の尾の先端付近にある散光星雲です。愛称は「出目金星雲」「彼岸花星雲」といいます。低空に位置しているので低空まで光害の影響がない高地ではならでは撮れない星雲です。



2017年9月2日土曜日

夏の鳥撮り カワセミ&チゴハヤブサ

今年の夏は雨が多かったりしてカワセミポイントの様相も変化が大きくいろいろ考えさせられたこともありました。

7月の8日にはヤマセミが姿を現してくれました。しかもいつか撮りたかったツタが背景のヤマセミです。おまけにカワセミも同じ止まり木にとまってくれてくれたことは二重の喜びとなりました。


と・・喜んでばかりではいられません。増水の後のカワセミですがどこにカワセミがいるかわかるでしょうか?人間の自分勝手な行為で汚れた所でも、どっこいカワセミは生きています。


8月になってからは飛翔のカワセミを主に狙いました。




夕方暗くなってから現れたカワセミ・・・飛び込みはしませんでしたが黄昏時の表情がなんともかわいく感じました。


と、ここでカワセミ以外に初めてチゴハヤブサに出会えたので



2017年8月19日土曜日

2017年夏の星撮り・・総括にはしたくないのですが

今年の夏はおかしな夏でした。7月、8月とほとんど星空が広がりませんでした。

総括にはしたくないのですが・・少し撮りためた星空、月の写真を載せたいと思います。

6月12日、久しぶりにISS国際宇宙ステーションが見えました。

6月16日深夜天の川です。

6月19日 志賀高原では天の川がきれいに見えました。

志賀高原の入り口にある志賀高原ロマン美術館でも天の川がきれいでした。


月夜回りは月ばかり撮っていました。

8月9日にはISS国際宇宙ステーションが、西から北に移動していきました。

この9日以来星空が全く見えません・・・夏の星空よ、どこに行ったの?!と叫びたいくらいの今年の夏です。

2017年6月28日水曜日

6月の鳥たち

6月に入ってから土日には鳥の撮影に出かけることが多くなりました。まとめて投稿します。

6月4日
チョウゲンボウの営巣している巣穴から孵化した雛が巣立ちの時を迎えようとしていました。

6月9日の夕方
 4日とは違う場所で雛がかえっていました。中にはすでに飛行練習を始めているチョウゲンボウもいました。


6月10日
 いつものカワセミポイントに行くと久しぶりにカワセミに会えました。4月から5月にかけてヤマセミが頻繁に飛来していたのかカワセミの姿が見えませんでした。

 下の嘴が赤いので雌のカワセミだと思われます。


6月11日
 飛び込み中心に狙いました・・・ピントがなかなか合いません。


6月24日
 朝早くポイントへいくとしばらくしてカワセミが飛来してくれました。しかもバックにツタがある枝にとまってくれました。今までに撮った中で一番色がきれいに出たと思います。




うるさい鳴き声に似合わずかわいいオオヨシキリです。

6月25日
 いつものポイントでカワセミを待っているとルアー釣りの釣り人が私に気が付かず釣りを始めました。仕方が無いので場所を変えました・・・幸い対岸(遠く・・)にカワセミの姿を発見しました。



昨年は7月に入ってから幼鳥が飛来して狩りの練習をしたり2,3羽で戯れていました。今年もそんな姿が見られるといいなと思います。
【昨年の画像】


2017年5月21日日曜日

志賀高原横手山ドライブインの星撮り

5月19日(金)の夜、平地でも星空が広がりました。そこで志賀高原までプチ遠征、約30分車を走らせてまず蓮池まで行きました。すでに星撮り仲間のHAさんも到着していました。
持って行った機材は、EOS6D+対角魚眼、EOSX4(Irフィルター改造)+EF100mmマクロ、ケンコースカイメモRSです。

まず蓮池でジョンソン彗星、さそり座アンタレス付近をスカイメモRSでガイド撮影しました。

こと座のベガが輝きその下に天の川が出始めています。右側にはさそり座が見えます。

木星と北斗七星です。北斗七星の柄を延ばしていくと、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカ(木星の左)と春の大曲線がきれいに見えました。

さそり座のアンタレス付近には青、赤、橙色が美しい領域があります。赤道儀(スカイメモRS)+EF100mmマクロで3分露光を繰り返して撮影しました。その画像を加算平均コンポジットし、さらに色がよく出るように補正しました。

ジョンソン彗星(中央やや下のボンヤリ)も写しましたが補正し切れていません。

この後、あまりにも星空がきれいなので横手山ドライブイン(標高2100m)まで15分ほど車で移動しました。そこは蓮池に比べるとさらに星空がきれいに見えました。
あまりに星が見えすぎて極軸望遠鏡で北極星を導入するのに手間取ってしまいました。HAさんにも手伝ってもらってやっと北極星を導入できました。

ここではガイド撮影を中心に撮影しました。銀河の中心部、天の川が一番濃い部分、射手座付近には散光星雲がたくさんあります。


はくちょう座からケフェウス座にかけても散光星雲銀座のように散光星雲がたくさんあります。はくちょう座デネブ(一番明るい輝星)下にはその形から北アメリカ星雲と呼ばれる散光星雲、画面左の散光星雲の中左端にガーネットスターと呼ばれている恒星は見えます。

撮影しているとはるばる埼玉県から二人の大学生も!!星峠から志賀高原まで移動されたそうです。土曜日講義があると言うことで2時前にはお帰りになりました。はるばる埼玉からおいでいただいても余りある星空を楽しんでいただいたと思います。