2016年11月20日日曜日

獅子座流星群2016

今年の獅子座流星群の極大日は11月17日深夜から18日未明でした。
夏のペルセウス座流星群は近くの河川敷で夜空を眺めながら撮影しましたが、さすがこの時期の北信濃は冷え込みが厳しくベランダ手すりにカメラをセットしての放置撮影で私は暖かい布団の中で気軽なものです。

この夜は月明かりがあって撮影には条件はよくなかったので月を避けて北方向の星空で流れてくれればと考えました。

機材はEOS6Dにシグマ24mmF2.8 (3.2) ソフトフィルター(ケンコープロソフトン)、そして結露防止ヒーター装着です。撮影データはISO1600 15秒露光です。

バッテリーが切れるまでひたすら連写をさせ全部で675枚の画像ができました。

大きな収穫はこの画像の火球クラスの流星です。最初の方向は電柱を避けたのですが電柱も生活感があっていいかなと電柱を入れ直したことが結果的に大きな収穫につながりました。


この火球クラスの流星は流れる方向から判断すると獅子座群ではありません。3回爆発している超大物です。この位の大物には流星痕が出るのではないかと、この後の画像を調べましたが残念ながら写ってはいませんでした。

675枚の画像がもったいないのでタイムラプス動画にしました。タイムスタンプを画像に入れたかったのでネットで検索すると「JPEG TIME STAMPER」というフリーソフトが見つかったので右上にタイムを入れました。
video

この動画をFBにアップしたところ「2時34分09秒の画像、電柱の右上にも流れていますよ」というコメントをいただき調べてみると流れているではありませんか。火球に目がくらんで気づかずにいました。それにしても動画から見つけるなんてすごいなと思いました。

もしかしたらまだ見逃している流星もあるのではないか・・・。流星を一つ一つの画像から発見するのは時間もかかり面倒です。そこで比較明合成画像を調べてみました。恒星の動きとは異なる光跡があれば流星の可能性が高いのです。
この画像をよく見たら右下電柱の根元左に恒星の動きとは異なる光跡を見つけました。元画像をチェックするとありました!!

午前1時28分06秒の画像、右下電柱の左根元に流れていました。

2001年の獅子座流星群の大出現に比べるとさみしい出現でしたがそれなりに楽しめました。
2001年の画像は当時仕事の関係で住んでいた長野県富士見町で撮影しました。当時はデジタルカメラではなくフィルムカメラでしたので数多くは撮れませんでしたが思い出深い天体ショーでした。



さて次は・・・12月の双子座流星群です。

2016年11月16日水曜日

11月は月が中心になりました

11月に入り寒くなりました。9日には北信濃の里にも雪が降りました。夜はことのほか寒くなり、また月も明るくなったので星撮りから月撮りにシフトしています。
星撮りもするのですが、赤道儀をセットするにもズク(信濃の方言)がいるので固定撮影が多くなりました。


11月4日にはおうし座流星群狙いで放置庭撮りをしました。おうし座群は1つだけ撮影できました。


たくさんの画像ができたので60分間分比較明合成しました。

11月5日以降は月の撮影が主となりました。俗にいうスーパームーンとおうし座アルデバランの星食の夜は雲が出て撮影できなかったことが残念です。



11月10日 月齢10.6









月の撮影機材は、KASAI CAPRI80ED+BORG×1.4DG EOSX5
補正に使ったソフトは、REGISTAX6(10画像から8画像スタック)ステライメージ7(トリミング レベル補正、マルチバンドシャープ) NikCollectionでDfine処理した画像をPSにてレーヤー統合

2016年11月3日木曜日

やっと夜空に恵まれ始めて・・・DEEPSKY@北信濃

今年の9月、10月は天候不順でガイド撮影をする気力もなくなる夜でした。10月のへ下旬から天候が安定した夜もあって、SE2でガイド撮影をする気力も出てきました。

使った機材は、ケンコーSE2、シグマ150-600mm、EOS7D(改)、オートガイダー。それをステラショットで自動導入、カメラ設定、オートガイドをしました。ただ雲が出てきたりガイド星がずれたりして、一部オートガイドを外したりもしました。オートガイドについては今後設定などで勉強していく必要を感じました。

10月23日

カリフォルニア星雲は500mmだとはみ出てしまいます。


M27 (亜鈴状星雲, NGC6853)はこぎつね座にある惑星状星雲です。2回目ですが色がきれいに出たなと思います。


はくちょう座の右の羽近くにある網状星雲です。NGC6960とNGC6992-5 が向かい合っています。
左がNGC6960、右がNGC6992-5 です。




秋の定番は、やはりアンドロメダ星雲M31です。

M31からアンドロメダ座の反対側にはM33があります。

秋の定番もう一つ。M45プレアデス星団です。和名は”すばる”です。すばるの語源は、「むすばる」ということだそうです。青い散光星雲がベールのように星を取り囲んでいますが、もっとベールをきれいに出したいなと思います。

ケフェウス座のガーネットスター付近にはI散光星雲C1396があります。この赤がなかなかうまく出せません。